【心と体の軸を戻す~ほんわかそわかプレゼンツ『ゆる発酵自然食教室編』~】 | ザ・体験談【発酵食品へのいざない】
便利でものにあふれた今の日本。

しかしそれと引き換えに、私たちは
多くのものを失っています。

「人は大地から離れては生きられない」

『天空の城ラピュタ』にてシータも
ムスカさん相手に断言しておりますが…。

『天空の城』にいないのに、本当の意味での
『大地』からはるかに離れて生きている私達。

確かに一見豊かに、長寿にはなったけど、
心を病んだり、足腰が弱って自由に
動けなかったり、ひどいアレルギー体質
だったり。

本来大自然や氣の力など、大いなるものや
目には見えないものを大事にする風土が
あるにも関わらず…。

ものにとらわれ、本当の意味での豊かさや
幸福、自分の軸を失い

「ムキー(>人<;)❗️」

となってしまっているのが、
残念ながら今の多くの日本人の姿で
あるとも言えます。

「それって、なんかおかしい」

と気付き始めている人達が原点に戻ったり、
面白い試みを始めている中、都会の中心で
ありながら食と自然の分野でとっても
おもしろい会があります。

それが以前このブログでもご紹介した
酵素玄米の通信販売ほんわかそわか

その工場長であり前回の『ゆっくり小学校』
にも登場した桑原真理子さん(以降マリさん)
が開催している

『ゆる発酵自然食教室』
『草花の蒸留会』

です。

 

【プロ顔負けのお料理上手】
『ゆる発酵自然食教室』を知ったのは
まさに活動スタートとなった2016年1月。

マリさんご本人から

「今度玄米味噌の造り方を教えることに
なったの〜♪( ´▽`)✨」

直接お聞きしてという形でした。

「わぁ、玄米で味噌作れるんだ〜💕それに
あのマリさんが講師をっ⁉︎
これは大チャンス✨♪」

それと言うのもマリさんは
ほんわかそわかの工場長だけではなく、
プロ顔負けのお料理上手としても有名。

その方が日頃使っている発酵食品が
自分も造れちゃう♪

るるるん( ̄▽ ̄)♪とばかりに参加しました。

そして開催された玄米味噌教室。

それがとっても楽しかったので
以降の講座も次々参加。

気づけば夏休みのラジオ体操も真っ青⁈
2016年の全品目?をコンプリート(笑)

なお何を作ったかをあげてみると

・玄米味噌
・玄米ぬか床
・みりん風調味料
・醤油
・梅干し
・玉ねぎ麹
・麦味噌
・納豆
・万能酵母液
・納豆菌水

・ローズウォーター3種類
(ホワイトリバー、イブピアッチェ、
ブルーリバー)

と実に様々❗️

発酵自然食教室3

「地球と体にとっていいものをとりあげる」

というスタンスなので、万能酵母液や
納豆菌水も積極的に取り入れられているのも
ポイント。

だからと言って、じゃああれもこれも❗️と
いう感じでもありません。

なぜならこの会の最大の特徴は…。

 

ゆる発酵自然食教室の強み】
その話の前に、改めてゆる発酵自然食教室の
強みをあげていくと

・1回の人数が多くても8人くらいという
少人数制。

・詳しくは言えませんが会場が、都内有数の
パワースポットであり、かつプライベートな
とっても落ち着く空間であること。

・「それ、一体どこで入手された
んですかっΣ(゚д゚lll)?」

普通に探したのではまず見つからない、
『マリさん人脈』ならではの貴重で無農薬で
元気な食材を使って造れること。
なおかつ購入方法も教えていただけるので、
その後造ることも可能。

・人の都合ではなく、それぞれの食材にとって
ベストな日が第一優先で開催日が選ばれること。
→1番エネルギーの高い状態で造ることが
できること。

・造った後の熟成期間が重要な発酵食品。
それに対し終了後のフォローがバッチリで
あること。

万が一のトラブルやそこまで行かなくとも
「なんだかあんまりうまくいかないなぁ」
という悩みに応えてくれる点。

みりん風調味料の時はなんと
『絞り方movie』まで公開❗️

・某一流ヘルスケアブランドでの
トレーナー経験を持つマリさん自ら、
堅苦しくない範囲で、食材の話や
その他お役立ち情報を提供してくれること。

・上記の揃っているにもかかわらず
参加費がかなりのお手頃価格✨であること。

そんなこんなで注目すべきポイントは
いくらでもあるのですが、1番語るべき
ところはそこではありません。

それは…

『適度な小ささ』
『互いの顔がわかり、いつの間にか
仲良くなれるコミュニティ』

であるということではないでしょうか?

 

【ひそかでやさしい志】
もっと人を呼びたい❗️もうけたい❗️

そんなことを考えれば、この教室は
もっともっと大規模にできるでしょうし、
お金も高くとってもいいでしょう。

それだけの価値があることは、
そうは見えないらしいんだけど(笑)
実はこれまで色んな料理教室、イベントの
類に参加している私にはすごくわかります。

そして好みの話などは多少あるでしょうが、
きっと他の人もそう思うと感じています。

しかしこの会は1種類につき1〜3回程度の
開催日程、適度な参加人数を維持
し続けています。

発酵自然食教室2

これはおそらく多忙なマリさんとって、
繊細な食材にとって自然なリズム。

それは結局参加者にとっても
一番いい状態となります。

多すぎず少なすぎず。
多忙すぎてグッタリすることもなく、
かと言って会と会の間隔が開きすぎて
変に間延びすることもなく…。

場所のよさもありますが、それもあってか
会場にはいつもほんわか。

楽しげでついつい笑顔になるような。

それでいて決してハイテンションにはならず、
落ち着いていて、地に足がついたような、
まるで桜が咲く頃のような、
やさしい空気が流れています。

そんな雰囲気にひきつけられるのか?

集まる人もなんだかほんわか♪

「初めまして♪」

だった人達とも別の回で会ったり、
発酵食品の話で盛り上がるうちに
仲良くなって…ということは実に
よくある話です。

そしてこれはほんわかそわかの記事の方
でも少し書きましたが

「食べ物を武器にして戦わない」。

無農薬、発酵食品となるとどうしても

「〇〇はダメ❗️」

など主張しがちになってしまうものですが、
この教室で語られるのは

「何がダメなのか?」

ではなく、

「自分と家族と自然環境にとっての
よりよい日々のために、何を取り入れて
いけばいいのか?」

怒らず、ムリせず。

今の自分でできることをやっていったら
もしかしたら毎日がちょっとずつ
よくなっていくかも?

かと言ってそれを強制的にやれとか、
参加者同士仲良くならなきゃいけないとか、
そんなことはいいませんよ♪

「私はとってもいいと思うんだけど、
あとはあなたがじっくり考えて
決めてくださいね(*^^*)」

ほんわかそわかの時に書いた奥底の
考え方はこの教室でも貫かれています。

だからこそ教室名も

『ゆる発酵自然食教室』

なのではないかと思うのです♪

そしてこの会では常在菌の話や私たちが
本来持っている力について、
心通った誰かと『分かち合う』ことの
大切さもそれとなく語られます。

自分たちの力に気づくこと、
自然のありがたみを再認識し、
幼かったあの日のように意識をそちらに
また向けられるようになること。

完成したおいしい発酵食品を食べながら、
そんなこともできてしまう。

これがゆる発酵自然食教室の
最大の恩恵であり、リピーターが多い
理由なのではないかと思っています♪

 

【幸せの回し向け】
「お友達に教えてあげたり、
教室をひらく方にはテキストをデータで
差し上げますのでお気軽に仰って
くださいね」

『循環』と『調和』。
いいものを伝えたい。

こんな考えが集約されているのが、
この言葉。

なんとゆる発酵自然食教室は、
習ったことを友達や家族に教えるのOK✨

また彼らを集め、もらったテキストを
使って自分で教室を開いてもOK✨

そんな大盤振る舞いの会なのです。
もちろん

「ふっふっふっ、このすばらしいテキストを
使って教室を開き、大もうけっ(@ ̄ρ ̄@)」

という発想の人はもちろんNGですが(笑)

「心通いあう人同士、よいものを少しずつ
伝えていく、そしてちょっとずつ笑顔を
広げていく」

という考えの元、主催されていると
言ってもいいゆる発酵自然食教室に
そんな人が来ることはないのです。

そもそも去年の講座ラインナップに
あった『梅干し』はほんわかそわかでも
扱ってる商品。

それを教室で造らせ、さらにその人たちが
自分で作れるようになるとほんわかそわかでの
購入者が地味に減る→売り上げ落ちてしまうの
にもかかわらず…。

気にしないで開催しちゃう工場長なので
ございます(笑)

『参加者の声』から開催が決まるものも
多いのですが、その中でも忘れられないのが
『麦味噌』。

この会は

「子どもに手作り味噌を食べさせたいけど、
通常の味噌は最低8ヶ月熟成させないと〜(T .
T)」

という参加者の声を受けてはじまったもの
です(麦味噌は3ヶ月ほどで熟成します)。

「ありがとうございます♪
これでうちの子に手作り味噌を
食べさせることができる」

教室終了後そう言って笑った、
きっかけとなる発言をした
お母さんの笑顔が胸に残っています。

あ、でもこれ以外にもあの発酵食品の時は…
って、語りだすと終わらないので
ここでやめておきますね(*^^*)♪

ただの料理教室ではなく、
どの回にも『物語』がある。

そして単に「これを作る」ではなく、
発酵自然食教室で扱うものは、
それぞれいろんな優しい想いから生まれ…。

講師から生徒へ、そして
その家族や友人へと。

そうやってゆるゆると繋がっていく。

もしかしたらここで1番発酵している
のは私の未熟な心かも?

食材を通しながら心やさしい講師&
参加者の皆さんと触れ合って、
私自身が少しずつ柔らかくなって
いっている気がするのです…。

発酵自然食教室

 

【できあがった『子どもたち』】
「え~完成8ヶ月後!?ちょっと長い
かも~(*´Д`)みそとかきっと待ち
きれなくて毎日チェックしちゃう❗️」

最初はそんな風にぶ〜たれていた
シーズン1の発酵食品たちも
時を経て、次々熟成♪

それがまたかわいいのですョ
(←マリさん風)♪

…って、最終的に食べちゃうんだけど(笑)

『手前みそ』

という言葉がありますが、自分や
ほんわかな皆さんの常在菌もいただいて
育った発酵商品はおいしいのなんの!

まぁ講師の指導&レシピも素晴らしいので
それは当たり前か~(
*´艸`)

納豆もだいたい、毎週作ってますよ♪

面倒クサガリ〜ノの私は

「いつかコトコト弱火でグツグツ♪
3時間大豆とかかわるぞ〜」

と心でアツク思いながら毎回、
伝家の宝刀・フィスラーくんを
使っちゃってます( ̄▽ ̄)✨

一度手作り納豆の美味しさを味わうと…。
フフフッ!!

何にしてもその気持ちが
『ワラを適当な長さで切る』という
作業でさえ途中で放置しかける
面倒クサガリ〜ノが、毎週納豆を造る
原動力となっているのです( ̄^ ̄)ゞ

それに実は、納豆に関しては特売を
除いて市販品を買うよりむしろ作った
ほうが安上がり?かもですしね♪

実はけっこう経済的♪

…そして年の明けた2017年、
待望のシーズン2がスタートしました。

正直昨年あれだけ↑作ったため

「マリさん、ドラえもんじゃないん
だから、さすがにもう新しいものは
造らないでしょ。
今年は昨年の講座とほとんど
おんなじ感じになるんだろうな」

と思っていたのですが…。

ふっ、マリさん。
私はすっかりあなたという人を
侮っていましたよっ…( ´Д`)❗️

「今年は玄米と白米のいいとこどり。
五分搗きの米麹で味噌造りをしますヨ♪」

な、なんですと~~っっつ(@ ̄□ ̄@;)!!

玄米味噌でも十分おいしかったのに
更なる進化を遂げた味噌造り教室。

2月も色々な講座が開催予定。
3月は、そして4月はどうなるの??

シーズン1の食材のバージョンアップ?
新講座開催?

それともそれとも…?

「習ったものだったら別にいいかも~♪」
と内心思っていたけれど( ̄▽ ̄)(←おいっ❗️)
これは目が離せない!!

残念ながら1月は参加できません
でしたが(´;ω;`)

代わりに昨年習った玄米味噌を自宅で
仕込んでみました♪

講座に参加しつつ習ったものの
おさらいも。

我が家の食卓はますます豊かに
なりそうです(^^♪

 

【もう1つの『花』】
そんな楽しいゆる発酵自然食教室。

参加方法は…と書きたいところですが
その前に〜。

そこから目を出し、今年枝分かれ
して咲いた、『ある花』があります。

というわけで後半は、『魔女たちの集い』?
この教室のスペシャル企画としてはじまり、
2017年から月1企画になった

『草花の蒸留会

についてです♪