【型にハマらない『フレーム化』♪頭をすっきり&負荷をかけずにアイディアを『方眼ノート1dayベーシック講座・前編〜】 | ザ・体験談【頭をすっきり&ふわふわ右脳ちゃんでもできる思考整理♪】
「ノートの書き方?え?なんでそんなものに
わざわざお金と時間をかけるわけ?」

「ノートの書き方習ったよ♪」

そう周りに告げた時、返ってくる言葉の
大半はこの類でしょう。

落書き帳やあいうえお帳も含めれば、
物心ついた時から私達のすぐ身近にある、
ノート。

最近はタブレットやPCも多いのかも
しれませんが、それでも何かを記録する際、
ノートは欠かすことができません。

それゆえ『書き方を学ぶ』ということに
対して「?」と思ったり、
「必要ない」と思う人も多いと思うの
ですが…。

ではもしノートの書き方のちょっとした
ツボとコツを学ぶことで、
例えあなたの能力そのものは上がらなく
とも…(笑)

ドラえもんのひみつ道具を使うかのごとく、
急に物事がスッキリ整理できたり。

思いがけないアイディアがいくつも
ひらめき、それを紙に残せたとしたら…。

しかも左脳系の人はもちろん、
右脳系、ふわふわ妄想系のあなた❗️

私も含めて、何かとふわふわしちゃう(笑)
この人種も上に挙げたことができてしまう
としたら?

あなたは嬉しい?
それともほっとしちゃいます(*^^*)?

今回はそんなひみつ道具のような画期的な
ノート活用法『方眼ノート』。

その1dayベーシック講座のお話です。

 

【石田太司・元ノート嫌いの
ノート術講師】
「この度独立し、方眼ノートのトレーナーに
なります」

おおっ❗️と驚く告知をサラ〜っとされた
のは、石田太司さん。

大手家具メーカーに勤務し、本店管理部門を
統括後、長きにわたり本社にて内部統制および、
店舗からのクレーム対応の相談に従事。

困難な案件は弁護士とともに現場に対応指示
をするなどまさに問題解決のエキスパート
であり、会社を屋台骨から支える。

まさになくてはならない人
…だったのですが。

「やっちゃえ❗️」

その一言と共に独立。

しかも扱うのはご自身が

「キライだった」

と言ってはばからないノート。
その活用法を教えるトレーナー⁈

そんな石田さんとは知人宅の勉強&食事会で
知り合い、仲良くさせていただくも…。

いつも大勢いる中でお会いしていたので
実はゆっくりお話したことはなし❗️という、
なんだか不思議な関係でございました♪

とは言いつつその、いつも楽しそうに
お話するお姿や

「本当に人が大好きなんだろうな〜(*^^*)」

そう思わずにはいられない❗️

見ているだけでこっちも笑顔になるような
雰囲気に自然と惹きつけられ、
また独立される少し前から始められていた
メルマガも拝読していたのですが…。

 

【私が講座参加をきめたわけ】
「方眼ノート?う〜んきっと色々ために
なるんだろうけど、今はいいや( ̄▽ ̄)」

こと講座に関して言うと日程合わないとか、
色々理由はあったのですが、正直言うと

「う〜んノート術か〜(ーー;)」

というのがホンネのホンネでした。

そう思ったのには主に3つの理由があり
1.冒頭にも書いた、ノートの書き方習うのに
わざわざお金払うの?という思い。

 

2.頭の中があまりにファンタジー✨
→右脳過ぎ。
そのためノートを書くのが苦手であり、

「学んだからと言って、どうせうまく活用
できないでしょ?」

という思い込みに完全に支配されていた。

 

3.「ノートを使ってこうしなきゃ❗️」
必要性をそれほど感じてなかった。

理由1については省略しますが、
理由2については一部抜粋すると
こんな感じ(笑)

ノート見本

私の場合、

・セミナーや講座では聞いたことを咀嚼して
からでないとノートに書けない。

・その際、聞いた時の思いやイメージも
合わせて書きたくなるので意味不明の
イラストやら擬音があちこちに展開
(「ららら〜ん💕」は心の声)(笑)

・逆に上記による取りこぼしを防止しようと
ノートを書くことに集中すると、
単なる『講師の話や板書のコピー』に
なってしまう。

その際周りの空気などが
感じ取れなくなってしまうため、
アウトプットするときに、
とっっても困る^_^;

そのためこれまでは

『ノートを書くことは基本的に放棄する。
ピンときたことだけ記録して、
後は記憶に頼る』

という方法でなんとなくごまかしてきて
いました。ところが…。

「あれ?」

理由3につながり、かつ1番大きなきっかけと
なったのは、あなたが今読んでくださって
いるこのブログでした。

なんとな〜く導かれるままに書き始めた
『ザ・体験談』でしたが…。

書いていけば書いていくほど、問題点が
山積みに❗️

最初はそれこそ、ご縁を通じて起こった
貴重な体験を題材に、気合いと根性^_^;だけで
書かせていただいていたのですが…。

「読む人がより楽しんでもらえて、
もしかしたら絆も深まる?
かつ役に立つものを」

「事実を書きながらも、素晴らしい体験を
させてくださった方達に対して
最大限のお礼となるものを」

自己中人間ながら様々な体験をするうちに、
そんなことを考え始めていくと

「…うん、これは弱いな」

理由は色々あるのですが、大きな理由の1つが
『屋台骨がしっかりしていないこと』。

文章力やボキャブラリー、表現力なども
もちろんありますが、全体的な構成力が
とっても弱い。

なぜなら上記に書いた理由から記憶に
かなり依存→当たり前のことですが
体験内容に漏れや記憶が薄い部分が発生。

そこが文章全体の弱さにつながってしまって
いると推測されたから。

私はそれこそ、書いている最中に神がかり的
な『何か』が降臨し、気づいたら一本書いて
ました✨♪

…というタイプではありません(笑)

もし文章を書くことをマラソンに例えた
としたら。

今まで→10キロくらいはそれこそ気合いと
根性でなんとかごまかして走れても…。

これら目指す方向性→42.195キロを走るのは
とってもムリ❗️

体力づくりやフォームなど根本から見直して
いく必要があります…。

「…どうしよう?」

そんなことを思い始めたとき、目に留まった
のが石田さんの講座に参加したある方の感想
でした。

天才&巫女さんタイプの超右脳❗️

かつ気遣い屋さんすぎてオープンに
人にものをすすめないその方が
SNSで嬉しさが飛び出さんばかりの文章で
自身の体験を伝えているっっ❗️❗️

しかも最後には申し込みリンクまで
貼り付けているのを見て…。

「…よし、行こう❗️」

なんだかよくわかりませんが、
直感でそう決め、すぐに申し込みました。

 

【送られてきた予習本♪】
3月と4月の日程が出ており、申し込み段階で
1週間後ということもあり3月はかなり
調整必要^_^;

4月については早期申し込み割引✨も
適用されてお得でより損しない感満載✨
ではありましたが…。

『過ぎ去る時間は、お金では買えない』

などとかっこいいこと言いたいところですが(笑)
要はせっかちでとにかく早く受けたかったため、
結果として3月の方を選択させていただきました♪

(※早期申し込み割引は2017年3月申し込み分を
もって終了)

そして講座当日。

私は東京都は、浮間舟渡にいました。
これまで使ってきたノートと筆記用具、
そして『この本』をしっかり持って…。

予習本

申し込み手続きが完了した後、石田さんから
この

『図解・頭がいい人はなぜ方眼ノートを使うのか?』

が送られてきました。

「はうううっ❗️これって
つまり予習用Σ(゚д゚lll)❗️」

基本ビビりん♪の私は本を見て、ちょっと
ドキドキ💕するも…。

…確かにこのタイプの講座は何もわかんない
状態で行くより、少しでも予習しておいた
方がイメージつきやすいし、疑問点を先に
洗い出しておけるからいいかもっ♪

というわけでいそいそとページをめくって
みたのですが…。

「あはっ、なんだか読んでも、
よくわかんないやっ( ̄▽ ̄)✨」

マッキンゼー社員や東大合格者など、
俗にエリートと言われる人達が
よく使っていること。

ノートのざっくりとした書き方は
わかったのですが…なんだか、ふわふわ。
きちんとした実感がなかなかつかめない。

「まっ、いっか♪だからこそ講座受けるんだ
し、当日石田さんがきっと色々教えてくれる
からきっと大丈夫✨」

結果として、さっと目を通すだけで
あっさりと予習終了(笑)

石田さんに丸投げする気マンマンで
当日を迎えました(≧∇≦)

会場に到着し、ドアを開けるとやわらかい
印象はそのままにビシッとスーツで決めた
石田さんのお姿が…。

石田講師

「おはようございます❗️
今日はよろしくお願いします(≧∇≦)」

ご挨拶すると、

「こちらこそよろしくお願いします」

笑顔で返してくれる石田さん♪
雑談などをしているうちに開始時間と
なり…。

穏やかな川の流れのようにゆるやか自然な
流れの中、講座が開催されました。

 

【まるで10年目のセミナー講師?
バツグンの安定感】
というわけで開始した

『方眼ノート1dayベーシック講座』

実は講座開始直前、驚くべきことを
石田さんの口から聞かされていました。

「実は…今日の講座は参加者は
えなさんだけなんですよ」

ええええっΣ(゚д゚lll)❗️❗️

そうなんです♪
私が参加した3/26。

・日曜日とは言え、年度末だったため
どうしても予定が合わない❗️という人。

・2017年3月のあったかくなったり、寒くなったり。
一応開花宣言はしたけれど、桜ちゃんも咲くに
咲けない、おかしな気候のせいでダウン❗️
体調を崩した人。

参加予定だった皆さんがそんな理由で
4月やそれ以降の開催日に軒並み参加を
ずらしてしまったため…。

参加者がなんと私1人という、奇跡
(他の人にとっては悲劇…)のような
事態が起こったのです…。

と、奇しくも日程伸ばさざるをえなかった
皆さんの気持ちは察しつつ…。

うわっ❗️グループ講座の価格で
プライベートレッスン?

しめしめっ♪これは大儲けっ❗️
ムリムリ予定調整→3月にしといて
だいっ大正解だったっっ(≧∇≦)✨

と、私の中の『腹黒ちゃん』は大喜びψ(`∇´)ψ

だったのですが…。

「石田さん、マンツーマンの相手が
よりによって私で大丈夫かな?」

と同時にちょっと心配に…(ーー;)

『そう思った理由』は後編で書くとして、
ここで『方眼ノート1dayベーシック講座』の
基本的な流れについて。

本講座は大きく分けて2つの流れ。

・方眼ノートがなぜいいか?などの理論的な
話(午前中)。

・実際のワーク(午後)。

で構成されています。
ランチ後→睡魔に襲われるという、人の宿命
に配慮したすばらしい構成なのですが(笑)
ここには

『受講生がもっともいい状態で
方眼ノートを学べるように』

という配慮がなされています。
そのあたりの詳しいお話も後ほど♪

まず午前中は理論編。
理論編では予習本を使いながら

・私達の大半がノートだと書いているのは
実は『メモ』である。

・方眼ノートの概念。

・片付け上手、営業のカリスマ、
ビジネスの成功者などに共通した要素について。

などなど、とても興味深い話の数々が語られます。

今まで考えてこなかったことについて
考える時間でもあったため、
若干あわわ〜(ーー;)となった瞬間も
ありましたが

「うわ、そうなんだ❗️おもしろそうだし、
役に立ちそうだし、損しないし…。
すごいっっ❗️すぐに書きたいっっ✨」

それに『理論』と言っても石田さんの
お話はそれこそ教科書の知識では
ありません。

そのキャリアや人脈をフルに生かした、
ご自身や誰かの実体験を基にしたものが
中心。

元々お話が上手な方だとはわかっていた
つもりでしたが…。

まるで5年、10年経験を積まれた
ベテランセミナー講師のような
バツグンの安定感❗️

とても今年から活動スタートされた方とは
思えない…。

お話がとっても想像の外側でおもしろかった
ため、全てをすっ飛ばして、すぐにでも
ワークに入りたくなってしまう私
(笑←こらこら♪)

その中でも

目標方眼

方眼ノートを使いながらこんなものを書いて
みるなど、しっかり目標設定を行いました。

ランチに石田さんのお話をうかがいながら
おいしい中華をいただき、そして午後。

お待ちかねのワークの時間です(≧∇≦)♪

ワークはあらかじめ石田さんが設定した
テーマに対し、これまた指定していただいた
方眼ノートのフレームに合わせて、
それを書いていくというもの。

カリカリカリ…。

最初は「書けるかな?」と少し不安だった
ものの、実際にスタートすると、
書ける書ける❗️

ひとまず書いてみる→石田さんから
よりよい形となるためのアドバイスを
いただく、という流れ。

終了時間まで楽しくも濃い時間を過ごさせて
いただいたのですが、その中で石田さんが
言葉を少しずつ変えながらも
繰り返しおっしゃっていたのは…。

とここまでが前編のお話♪

『方眼ノート1dayベーシック講座』。

後編ではこの講座の、さらに
石田太司講師だからこその
魅力に迫っていきたいと思います♪

 

【メルマガ『やっちゃえ❗️と方眼ノート』申し込みリンク】
https://39auto.biz/lucky-s-life/registp.php?pid=3

 

【方眼ノート1dayベーシック講座詳細及び申し込みページ】
http://lucky088.com