【名刺デザインは意外性で?〜ASSORT『名刺トータルナビゲーション』】 | ザ・体験談こんにちは♪中本えなです。

体験談ブログ『ザ・体験談』!

とうとうと言うか、やっとと言うか(笑)
とにかくスタートさせていただきました〜。

これも皆々様のおかげ♪


【というわけで初投稿】
というわけで記念すべき初投稿。

過去の『すっごくよかった体験談一覧』から
エピソードを引っ張り出して再編成するか、
それともまだ書いていないマル秘な体験談☆
をデビューさせるか、ちょっと迷いました。

広告会社ASSORTの代表である安住壮さんの
『名刺トータルナビゲーション』
http://assort-ad.com/service-2
です。

【名刺デザインは難しい!】
そもそも社会人なら大半の人が
持っている名刺。

個人事業主、起業家にとってはまさに
必需品。

また最近は各種イベント、朝活などの
交流会が発達したことにより、趣味や
プライベートの名刺を持つ人も増えて
います。

かく言う私も個人事業を始めた時から
自作してはいたのですが…。

いや〜名刺って本当に難しい!!

単に作るだけなら、無料ソフトを使って
ちょちょちょっと作成し、プリンターを
使って印刷!

簡単に終わります。

しかし。

人の印象に残る名刺、そこから
コンタクトが取れる名刺となると
話は違います。

手の平に収まるサイズの紙に
何を書くべきか、何を削るべきか?

文字は明朝体にするのか?
それともゴシック風にするのか?

写真、イラストはのせるのか?

などなど。考えていくとキリが
ありません…。

「どうすれば自分のよさが伝わり、
人の印象に残るのか?」

有料講座が開催されるほど、
印象に残る名刺デザインは難しい…。

これはもう、その道のプロに
アドバイスをもらった方が❗️

というわけでお願いしたのが、
安住壮さんだったわけですが…。

浅い、浅すぎた…。

全てが完了した後、痛感したのはこのことでした。


【名刺トータルナビゲーション】
ASSORTの安住さんのご経歴については
こちらをご覧ください。
http://assort-ad.com/profile

ちなみにご本人はこんな感じ。
azumi
…なかなかのイケメンでございます(笑)

なぜ「(笑)」がつくのかは今回は
置いといて、『名刺トータルナビゲーション』
大まかな流れとしては

・ヒアリング&ナビゲート
(スカイプか対面で60分)
・名刺たたき台作成
・メールでのやり取り

というような形で進みます。

3つあるコースのうち私は

『両面カラーコース』

をチョイス♪

私は関東、安住さんは東北在住ということで
ヒアリングはスカイプでした。

元から知り合いだったこともありますが、
事前ヒアリングで伝えた希望は1つだけでした。

(スカイプか対面で60分)
「私の強みであるパワフルさや
元気のよさを前面に出した、
とにかく私らしい名刺を(笑)」

そしてその数日後、まさに希望を
ふまえた画像データが送られて
きたのですが…。

「…ええっ?!

それを見て驚きました。

そこにあったのは鮮やかでゆるやかで、女性らしい、
『強み』として伝えたものとは
全く逆の雰囲気をもつもの
だったからです。


【名刺の深さ】
ここで参考資料を1つ。

この名刺はたまたま私と同時期に
『名刺トータルナビゲーション』
を利用したトータルケア太陽の
中尾和人さんのものです。
nakaomeisi
ご本人を知っている人は思わず笑ってしまうくらい
「彼そのまんま」。

まさに名刺が全てを語ってくれています。

…それなのに私はこれ?一体どういうこと?
もしかしたら安住さん、40代にしてボケた(笑)?

疑問は大きく膨らむばかり。

そんな中、ちょうどよいタイミングで
安住さんが東京にくることに❗️

早速本人をとっつかまえ(笑)
話を質問を聞いてみたところ、
こんな返事が返ってきました。

「それはさ、中本さんが自分で言う
通り、パワフルで元気がいい。
つまりはぱっと見、圧(アツ)が強い
からだよ」

な、なんですと〜!!

【名刺ナビゲーションの真骨頂】
ぶふっ❗️…ぐふぁぁぁぁっ❗️

あまりのストレート発言ぶりに、
精神が思いっきり吐血してしまい
ましたが(笑)

「だからなんでそれがこの名刺に
つながるの???

私の顔に浮かぶ「?」を感じ取り、
たたき台を見せながら安住さんは
解説をしてくれました。

それによると私の話を聞きながら、
安住さんは

『そのキャラクターゆえ
私が取りこぼしてしまっている

人達のことを考えたそうです。

『元気』、『パワフル』。

これはもちろん長所ではありますが、
同時に安住さんが口にしたように
『圧が強め』。

つまり他人に圧迫感や近寄りがたい
印象を与えてしまう場合もあります。

実際に安住さん自身も最初は
そういう印象を覚えたそうです(⌒-⌒; )

「実際に話してみたり、それにFBの
投稿を読むとくだけてたり、
近寄りがたい雰囲気じゃあないんだ
よね〜」

だからこそ、名刺は

『強みを生かす』

のではなく

『強みの下に隠れているもの』

に焦点を当てた方がいいと考え
たとのこと。

「中本さんの名刺は興味を持って
もらい、ブログまで進んでもらう
のがゴールでしょ?

名刺をもらった人にそこまで
進んでもらうため、

「この人見た目はなんだか迫力
あるけど、名刺を見たら…あれ?」
そうなることを想定したんだよ。

入り口のイメージで相手が逃げて
しまわないように」

「名刺って、そんな形でも活用できるの⁉️」

名刺とは今やっていることの紹介や
強みや特徴を書くもの。

そう思い込んでいたこと、
『自分では自分のことがよく
見えていない』こともあり…。


この『発想と視点の違い』には
ただただ驚くばかりでした。

広告業界のど真ん中で長年戦って
きた経験と、『ナビゲーター』と
しての客観的な視点。

「縁があり、タイミングもよかったから」

という部分が強かったのですが、
その実力を見誤っていたことを
痛感しました。

この後もう少しご相談をし、
最終的に名刺が完成しました。

表と裏で印象の異なる、やさしさと
毒っ気の同居した名刺…。

これまで散々名刺を作りましたが、
文句なしのNo. 1。
お気に入りとなりました(*^^*)

えっ?さっきから色々書いている
けど名刺の写真載せないのかって?

やだなぁ。
そんなことしたら面白くないじゃ
ないですか(笑)?

Web上では私の名刺は想像の
範囲に収めていただき、
リアルでお会いした時に

「名刺見せて♪」

と声をかけてくださいな(*^^*)

Web経由の人にはあげない
予定だけど♪

広告会社ASSORT
http://assort-ad.com/